トップイメージハーレーダビッドソン

ハーレーのオーナーがノーマルパーツをカスタムパーツへと交換する理由

赤いハーレー

ハーレー製バイクに乗る人では、パーツを交換して自分の愛車をカスタムしてる人がいます。ハーレーのオーナーにはノーマルパーツからカスタムパーツに交換するのには理由があるようです。
人気も高いハーレー製のバイクですが、その魅力として挙げられるのはカスタムの幅が広いということです。ハーレーオーナー自らがカスタムして自由に好きな形の愛車を作っています。自由にカスタムすることができるのが、ハーレーオーナーがパーツ交換をする理由です。

カスタムをするためのパーツはマフラー、ミラー、シート、タンクなど様々なものが販売されています。簡単に交換できるものからマニアックな改造が必要なものまでありますが、必要な箇所だけ交換したり、全てカスタムしたりなど人によりけりです。ハーレー製のバイクではパーツ選びが重要なものとなっています。
カスタムパーツの取り付けには技術や知識が必要なものがあります。なかでは手間がかかるものもあり、パーツの取り付けを専門会社に任せるオーナーもいるようです。ショップのオリジナル製品を取り付ける場合は、ショップのスタッフに頼むのが無難かもしれません。

カスタムだけでなく日々のメンテナンスもハーレー製バイクの魅力の一つです。メンテナンスについてですが、国産の一般的なバイクで使用される工具はミリ単位なのに対して、ハーレー製のバイクで使用される工具はインチ単位になっています。国産バイクからハーレー製バイクへと乗り換える場合、整備やカスタム時には工具の買い替えが必要です。

ハーレー製のバイクはカスタムが自由にでき、ノーマルパーツからカスタムパーツへの交換が楽しいことが魅力です。簡単なものから少し難しいものまであったり、交換に合わせて調整する必要などもありますが、パーツを一つずつ交換していく工程はハーレー製バイクの醍醐味といえます。

赤いハーレー

カスタムはカスタムビルダーの作業を参考

作業途中

数多くのバイカーに愛されているハーレーですが、その人気の高さは、ハーレーのブランド力ばかりではありません。ハーレーの魅力のひとつは、カスタムパーツを自らそろえて自分の思う通りにカスタムすることができるということです。
パーツをカスタムすることによって、自分の体に合ったハーレーを作り上げることができるほか、デザインも細かく変更することができて、オリジナリティあふれる自分だけのハーレーを持つことができます。カスタムパーツには様々な種類があり、初心者で取り付けることができるものもあります。

しかし、今までカスタムをしたことがない、簡単なカスタムしかしたことがないとなると、どのような手順でやるべきなのかがわかりません。好ましいデザインや性能のイメージがあったとしても、どうすればそれに近づけるのかがわからなければなかなか作業が進まないでしょう。
そのような場合には、海外のカスタムビルダーの作業動画を参考にして研究することが良いです。カスタムビルダーとは、バイクの販売やメンテナンスをする業者ではなく、顧客の依頼を受けてカスタムやチューンのデザイン、そして作業まで行う人のことを言います。海外においては比較的メジャーな存在となっています。

カスタムの専門家であるからこそ、効率的な作業手順や美しく仕上がるカスタム方法も熟知しています。

真似するだけで美しく仕上がり、研究すれば自分だけのハーレーを自ら作り出すことができるでしょう。

カスタムハーレー