トップイメージハーレーダビッドソン

ハーレーに多い故障と対処方法とは

エンジン

世界中に愛好者がいることで知られているハーレーですが、長く乗り続けていると故障することもあるので注意が必要です。
ハーレーはエンジンが故障しやすいイメージがありますが、これはハーレーのエンジンが外部の空気を取り込んで冷やす空冷式であることが大きな理由です。走行時には排気ガスや埃が混ざっている汚れた空気を取り込んでしまい、その汚れがエンジンに詰まって不具合を引き起こします。エンジンの故障は愛車の走行性能を著しく低下させるので日頃から丁寧なメンテナンスが不可欠です。また、ハーレーはカスタム用のパーツが多数販売されているバイクですが、パーツの交換に不備があると故障の原因になります。
素人の未熟な作業が愛車を傷めてしまうのです。

万が一、ハーレーが故障した場合は速やかに専門の修理業者に依頼する必要があります。故障したハーレーは素人作業で直すのはほぼ不可能です。安全性が損なわれ、大きな事故に至るおそれもあることから費用が嵩んだとしても専門業者に任せるのが賢明と言えます。愛車の故障を防ぐには丁寧なメンテナンスが不可欠なので、手間や費用を惜しんではいけません。オイルなどの消耗品もこまめに交換し、常に良好な状態を保つことが重要です。オイルなどの消耗品はハーレーの扱い方や走行環境で交換のタイミングが変わります。

社外メーカーの製品は安価なのでこまめに交換する際には便利ですが、ハーレー純正品の方が高品質で長持ちするので状況に応じて使い分けるのが愛車を労わる秘訣です。