トップイメージハーレーダビッドソン

ハーレーのナンバープレートをかっこよく取り付ける方法

集団ツーリング

ハーレーのナンバープレートをスタイリッシュに取り付けてみませんか。ナンバープレートには様々なデザインが用意されていて、ライダー自身が自由に選択する事が出来ます。ただし、取り付け方によっては違反対象になる可能性があります。かっこよく決めても、違反扱いになってしまっては台無しになってしまいます。ナンバープレート取り付けの注意事項とお手軽にカスタム出来る商品を紹介します。

ナンバープレートを取り付ける際に、国土交通省の公式サイトからナンバープレートについての確認を必ず行うようにして下さい。国土交通省によりますと、平成28年4月1日からナンバープレートを見やすく表示する事が義務付けられています。具体的には、プレートにカバーをかける事は不可となります。無色透明でも違反対象となるので注意しましょう。次に、プレートを回転させての取り付けも禁止となります。日本のナンバープレートはアメリカと比較すると大きく、その影響からか縦置きで付けている事が多くありましたが、法改正により縦置きは違法になります。また、ナンバーを折り曲げる折り返しやプレートの文字が判読出来ないような取り付けも禁止になっていますので、カスタムするなら横のサイドナンバーかセンターナンバーにしておいた方が無難です。

ナンバープレートに関する注意事項は以上になりますが、次にハーレーのナンバープレートを手軽にカスタム出来るオススメの商品を紹介します。バイクをカスタムした事がない方には、キジマのナンバープレートレイダウンキットがお勧めです。このパーツはプレートに角度を付ける事によって、よりスポーティな感じに仕上がる事が出来る商品です。装着すると約30度の傾きが出来ます。この傾きがリアフェンダーのラインに近づくことで、スタイリッシュに見せる事が可能なのです。特別な知識は必要ないので、是非この機会にいかがですか。