トップイメージハーレーダビッドソン

旧車やチョッパーのハーレーオーナーから信頼を得ているV-Twinとは

タイガー ハーレー

ビッグ・ツインのハーレーを自分好みにカスタムする場合に頭を悩ませるのがパーツ選びです。バイクのパーツというと生産しているメーカーが指定する純正品をイメージされがちですが、ハーレーに関してはこの限りではありません。
一般的なバイクと違って自由にパーツを組み合わせることを前提に作られているため、様々なメーカーの物を使うことができます。
ハーレーのパーツを生産しているメーカーは世界中に数多く存在する中で、幅広い世代に支持されているのが「V-Twin」です。

V-Twinならではの魅力の一つに取り扱っている種類の豊富さがあります。こちらのメーカーは市場に出回っている現行品はもちろんのこと、純正品としての生産や販売が終了してしまっている物も多く扱っているのが特徴です。販売されている商品の中には、ここでしか手に入れることができない物も多数含まれています。純正品を自分好みのサイズに切っているハーレーチョッパーや、旧車と呼ばれるモデルを愛好しているライダーにとって、この点は大きな魅力です。

信頼性の高さもV-Twinの魅力の一つに挙げられます。純正品と呼ばれるパーツはメーカーの管理下で生産されていることで安全性が高く、カスタムで純正品の使用が推奨されているのもこれが理由です。どのパーツも純正品から在庫がなくなってしまうので、自分が必要なタイミングで購入できないこともあります。商品に問題がなければ中古品で間に合わせる選択もありますが、エンジン関係の消耗品など走行に影響が出ることもあるパーツは中古品を使うことはできません。こういったケースで重宝されるのがV-Twinです。
これまで積み重ねてきた実績によってV-Twinは純正が手に入らなければここと言われるほどライダー達から高く信頼されています。