トップイメージハーレーダビッドソン

ハーレーにデジタルメーターを取り入れるメリットとは

速度メーター

バイクのメーターは運転の際に必ず目に入るパーツです。決して大きいパーツではありませんが、安全な走りに不可欠なのでカスタムの際にも細心の注意を払う必要があります。
ハーレーはバイクの中でも歴史の長い名車であり、メーターと言えば機械式のアナログメーターが当たり前でした。旧式のパーツですがその雰囲気は武骨で力強いハーレーにぴったりと言えます。

しかし時代の流れと共にパーツ類のデジタル化が進み、それはメーターの仕組みにも変化をもたらしました。デジタルメーターは電気制御のパーツなので誤差が非常に少なく、現在の走行速度を正しく把握する把握することができます。
ハーレーの武骨なイメージを損なわないデザインなので、交換しても違和感はありません。

メーターのカスタムにおける注意点としてハーレーの年式があります。1995年以前のスタンダードモデルは機械式メーターですが、1996年以降はデジタル式です。そのため、95年以前のハーレーにデジタルメーターを取り付ける場合は配線の交換など大掛かりな作業が必要になります。デジタルメーターはハーレー純正品の他に複数のメーカーの製品が出回っていますが、いずれも95年以前のハーレーにはそのままでは取り付けることができません。配線の交換も含めたカスタムは手間も費用もかかるので、予算に余裕を持って臨むことが重要になります。
96年以降のモデルなら基本的にメーターを交換するだけで済みますが、接続する配線を間違えてはいけません。