トップイメージハーレーダビッドソン

ブレーキ鳴きはブレーキパッドが主な原因

黒ハーレー街の中

ハーレーのブレーキ鳴きで最も多い原因は、ブレーキパッドの摩耗です。もし新品の場合には、他の部品と馴染んでいないことが多いので、しばらく使ううちに音が消えれば問題ありません。
しかし、なかなか音が鳴り止まなかったり、頻繁に起こる時には、ブレーキパッドが擦り減っている可能性が高いのです。

まず、ハーレーのブレーキには、ディスク式とドラム式の2種類があります。ディスク式では、ブレーキパッドが金属のディスクを挟み込んで止めており、ドラム式では、パッドを金属に押し付けて制御しています。
どちらも、動き続けるパーツをブレーキパッドで押さえて止めているので、摩耗が激しいのです。

音鳴りがするのは、ブレーキパッドの表面が平らではなくなり、ブレーキを踏んだ時の振動がローターに伝わるためです。ブレーキパッドには、音を吸収する「鳴り止めシム」が付いていますが、それでも聞こえるということは、抑えきれないほど音が鳴っている可能性があるのです。
ブレーキパッドが摩耗している場合、放っておくとブレーキが利きにくくなり危険です。もし、パッドの表面が波打っているようなら、すぐに新しい物と交換しましょう。

ブレーキパッドの表面が平らな時には、パッドとローターが接触した際の、削りカスやサビが蓄積している可能性もあります。この場合は、ブレーキクリーナーやブラシで、パッドの表面を清掃することで解決します。ブレーキパッドの状態は目に見えるので、定期的に確認し、音鳴りする前に交換することをおすすめします。