トップイメージハーレーダビッドソン

ハーレーのナンバープレートをかっこよく取り付ける方法

マフラー

バイクの中でも特に知名度が高いハーレーは固定ファンも多くいるためさまざまなメーカーがパーツを販売しています。
たくさんあるメーカーの商品の中から自分好みのパーツを見つけ、カスタムアップしていくのはハーレーのみならず、バイク愛好家の楽しみの1つでしょう。

ハーレーのマフラーを出しているメーカーももちろんたくさんありますが、その中でも日本のみならず、世界的に高い人気を誇っているマフラー界のトップブランドメーカーの1つが「バンス&ハインズ」です。
バンス&ハインズは、ハーレーなどの一般人が運転するバイクだけではなく、レーサー用のバイクなど競技用の車種にも採用されているという事もあって、その性能は折り紙付きです。

そんなバンス&ハインズが販売しているマフラーの特徴は一言でいえば「重低音マフラー」であるという事です。マフラーにもさまざまな種類があって、中には徹底的に騒音を抑えるような造りになっているものもありますが、バンス&ハインズのマフラーは基本的にアメリカンバイクらしいド迫力の重低音を楽しむことができるマフラーとなっています。しかし裏を返せば、それはあえて爆音を響かせるために造られたマフラーという事になり、マフラーの音量ランキングというものがあれば、上位はほぼバンス&ハインズの製品が占めることとなるでしょう。

しかしそれでもバンス&ハインズは多くのハーレー愛好家からの支持を集めているメーカーです。その理由としてはバンス&ハインズのマフラーは肉厚のスチール製であることが多いという点が挙げられます。
確かに重低音ではありますが、肉厚がしっかりしているため音割れが発生せず、大きいながらも決して不快な音ではありません。