トップイメージハーレーダビッドソン

サンダーヘッダーのマフラーでハーレーらしい重低音

ブラックにまとめられたハーレー

バイクのマフラーは、主に排ガスを大気に放出するときの大きな音を消してくれる役割を持ちます。
しかし大切なのはこれだけではありません。
マフラーはバイクの後ろにある金属パイプの部分なので目立ちます。そのためハーレー乗りにとっては、大切なビジュアル部分へも影響を与えるパーツなのです。ブランドごとにカジュアルさやスタイリッシュさを演出できますし、材質によって音質や音の高さ、音量の強弱も調整できるため、オリジナリティーを出したい方にとっては欠かせないパーツといえるでしょう。

今回はそんなマフラーのブランドの中から、サンダーヘッダーについてご紹介します。

サンダーヘッダーは名前の通り、バリバリとした重低音が特徴のマフラーです。サイレンサーは独特の形状をしており特許も取得しています。非常に迫力のある音のため、集団で走り抜けるクラブスタイルにおいてはかなりメジャーなマフラーといえるでしょう。さらに、音の変化だけでなく交換によって排気の抜けを効果的に行えることもあるため、速度重視の方でも満足できる可能性があります。

ただし一点注意したいことがあります。サンダーヘッダーは爆音で知られるマフラーです。そのため人によってはうるさいと感じてしまう可能性もあります。自身のハーレーをかっこよくしたい気持ちはわかりますが、深夜に音を出すなど周囲に迷惑をかける可能性のある走り方は控えましょう。

このようにマフラー部分は、ビジュアルや音質に大きく関わってくるパーツです。自身のハーレーにもっとこだわりたい方にとっては無視できません。

サンダーヘッダー以外にも様々なブランドがあるので、一番自分の好みに合うマフラーを見つけて、節度を守りながらバイクライフを楽しみましょう。